グループホームサライ|愛知県名古屋市・豊田市にある「安心」と「喜び」を提供できる「心のオアシス」

グループホームサライあま 皆さんに支えられながらお一人おひとりに寄り添い、安全・安心な居場所つくりに努めたいと思います。

グループホームサライあまの基本理念

南欧風建物

サライあまは、空高くのどかな景観が広がるカルフォルニアやフロリダなど、アメリカ南部の邸宅をイメージしています。閑静な住宅街にある清潔感あふれる南欧風住宅で、穏やかな時間を過ごしていただけます。

サライの方針

〇南欧風の明るい外観、家庭的な雰囲気の中で、その人らしい穏やかな生活が送れるよう支援いたします。
〇地域の中で居心地よく安らげる環境づくりをお手伝いします。
〇一人ひとりの心身の変化にいち早く気づき、安心・安全に暮らせるよう支援いたします。

グループホームサライあまの基本理念

グループホームサライあまの概要見学予約  資料請求

施設内の写真

グループホームサライあま 施設内の写真
グループホームサライあま 施設内の写真
グループホームサライあま 施設内の写真
グループホームサライあま 施設内の写真
グループホームサライあま 施設内の写真
グループホームサライあま 施設内の写真
グループホームサライあま 施設内の写真

施設内WEB見学

※施設内の様子をご覧いただけます。

施設概要

施設名 グループホームサライあま
所在地 〒490-1104 愛知県あま市西今宿梶村一6番6
電話番号 052-444-3488
種類・類型 認知症対応型共同生活介護・介護予防認知症対応型共同生活介護
開設日 平成30年1月22日
居住の権利形態 利用権方式
入居時の条件 介護保険の要支援2以上の被認定者であり、医師による認知症の診断を受けた方。
少人数による共同生活を営むことに支障がない方。
他の入居者様に迷惑や危害を加える恐れがない方。
医療機関において常時治療をする必要がない方。
夜勤の職員体制 1ユニット日中4名以上、夜勤1名
延床面積 632.17㎡
部屋数 18室(9.8㎡)
居室内設備 エアコン、ナースコール、介護ベッド
その他  

施設のご案内

南欧風の明るい外観演出。たくさんの花や緑に囲まれ、自然の安らぎを感じられる空間です。
・会合や子ども会、介護勉強会、認知症カフェなど、地域の皆さまにご利用いただける開かれたスペースです。
・月2回以上の定期訪問診療を実施。緊急時に備えて、24時間医師又は看護師による、緊急往診も行います。
全館バリアフリー。また広々としたリビングでおくつろぎいただけます。
居室は完全な個室によりプライベートな空間を確保しています。
全室にナースコールを完備。もしもの時の安全を確保しています。

グループホームサライあま 施設のご案内

空室状況

利用申し込み受付中です

アクセス

所在地
〒490-1104
愛知県あま市西今宿梶村一6番6
交通アクセス
■ お車  「総合体育館」交差点近く
■ 電車  名鉄線「甚目寺駅」

介護・医療体制

受け入れ医療体制

〇受け入れ可能 △ホームにお問い合わせください(要相談) ×受け入れ不可

病状 受入 病状 受入 病状 受入
介護食 流動食・嚥下食 リハビリ
糖尿病・インスリン 胃ろう × 鼻腔・経管栄養 ×
ストーマ・人工肛門 在宅酸素療法 人工呼吸器 ×
褥瘡・床ずれ たん吸引 × 人工透析
気管切開 × 中心静脈栄養(IVH) × カテーテル・尿バルーン
ペースメーカー 筋萎縮性側索硬化症(ALS) 誤嚥性肺炎 ×
喘息・気管支炎 肝炎 × 結核 ×
疥癬(かいせん) × 梅毒(ばいどく) ヒト免疫不全ウイルス感染症(HIV) ×
ブドウ球菌感染症(MRSA) アルツハイマー型認知症 脳血管性認知症
前頭側頭型認知症・ピック病 レビー小体型認知症 パーキンソン病
廃用症候群・生活不活発病 うつ・鬱病 統合失調症
リウマチ・関節症 骨折・骨粗しょう症 脳梗塞・脳卒中・クモ膜下出血
心筋梗塞・心臓病・狭心症 × がん・末期癌    

協力医療機関(グループホームサライ中村公園)

この施設と提携している医療機関を記載しています。
診療科目や、この施設の入居者向けのサービス内容については、各医療機関の説明をご確認ください。

医療機関名 おぐりクリニック
住所 愛知県清洲市愛知県清須市土器野296-1トキノテラス302
診療科目 当院では、内科医の中でも様々な分野に精通した医師がおりますので、糖尿病や高血圧等の持病からがん患者さま・心不全の患者さままで幅広く対応しております。
協力内容 定期訪問、急変対応、24時間体制
医療機関名 compass dental clinic
住所 愛知県名古屋市中川区高畑2-229
診療科目 コンパスデンタルクリニック名古屋は、高齢者を支える在宅医療チームの一員として、「最期まで口から食べる楽しみを支え続ける歯科医療」をコンセプトに、在宅や介護施設で生活する高齢者を訪問し、高齢者の摂食・嚥下機能の維持・向上を図る口腔リハビリテーションの実践や、誤嚥性肺炎の発症予防を目的とした口腔ケアの普及に取り組んでいきます。
協力内容 定期訪問
Page Top